表記揺れの影響を受けず物件を特定できる「不動産共通ID」ベータ版を4月に開始

プレスリリース


株式会社Geolonia(ジオロニア)と一般社団法人不動産テック協会は、国内の土地や建物等の不動産情報に対して付与する共通ID(以下、不動産共通ID)のベータ版提供を4月15日に提供、これに先駆けて本日3月15日より事前利用登録の受付を開始します。

Geoloniaと不動産テック協会ロゴ

不動産共通IDは、Geoloniaが2020年8月にオープンデータとして公開した日本全国の住所マスターデータを元に、不動産取引における企業間での情報連携やデータ連携などの実現を目的として不動産テック協会が整備するIDです。

不動産事業において統一されていない住所や物件名の表記に対して、同一の物件を示す情報に共通のIDと付与することで、表記揺れに影響されることなく物件の特定が容易となるインフラ環境を構築、不動産情報のデータ連携にかかるコストの大幅削減を図ります。

不動産共通IDで物件を特定することで、物流の誤配送を防ぎ再送コストを削減できるほか、在宅情報と組み合わせることで在宅の家のみに配送する、夜間光街画像との組み合わせで空き家を特定する、といった活用が可能です。また、特定の物件に対して複数の工務店や施工会社が行った修繕を1つに集約し、建物の修繕履歴を一元管理することも可能になります。

不動産共通IDはAPIとして提供、無料で利用が可能です。また、正式サービス時には正規化された住所や物件名を逆引き取得できる有料プランを提供予定です。

不動産共通IDの詳細、および事前利用登録のお申し込みは不動産テック協会のリリースをご覧下さい。

不動産テック協会とGeolonia社が不動産共通ID利用登録を開始~住所が関わるサービス連携をスムーズにし社会のインフラサービスとなることを目指す~|不動産テック協会 – Real Estate Tech Association for Japan
https://retechjapan.org/news/archives/210315/

GDPにして61兆円の規模を持ち、膨大なビッグデータを保有する不動産産業において、不動産の基盤データを構築することで業界全体における情報連携を推し進め、データ活用の幅を広げてまいります。

不動産テック協会について
名称: 一般社団法人不動産テック協会
代表理事: 赤木 正幸、同代表理事: 巻口 成憲
事業内容: 不動産とテクノロジーの融合を促進し、不動産に係る事業並びに不動産業の健全 な発展を図り、国民経済と国民生活の向上並びに公共の福祉の増進に寄与するための活動
URL: https://retechjapan.org/

Geoloniaについて
名称: 株式会社 Geolonia
代表取締役社長: 宮内 隆行
事業内容: WebGLを利用した自由度の高い地図と、お客様が持つ位置情報を検索・解析する ためのAPIを提供するホスティングサービスを提供
URL: https://geolonia.com/

本件に関する問い合わせ先
担当: 甲斐
mail: info@geolonia.com