表記揺れの影響を受けず物件を特定できる「不動産共通ID」正式版を公開

~国土交通省の「不動産IDルール検討会」との連携も予定~

プレスリリース


株式会社Geolonia(ジオロニア)と一般社団法人不動産テック協会は、「不動産共通ID」正式版の提供を10月29日に開始しました。利用は無料で、緯度・経度が取得できる有料APIの提供も予定しています。

不動産共通ID|不動産テック協会 – Real Estate Tech Association for Japan
https://retechjapan.org/common-id/

不動産共通IDは、不動産取引における企業間での情報連携やデータ連携などの実現を目的として提供するIDです。不動産事業において統一されていない住所や物件名の表記に対して、同一の物件を示す情報に共通のIDを付与することで、表記揺れに影響されることなく物件の特定が容易となるインフラ環境を構築、不動産情報のデータ連携にかかるコストの大幅削減を図ります。

Geoloniaは、2020年8月に日本全国の住所マスターデータをオープンデータとして公開しており、不動産共通IDはこのマスターデータを元にGeoloniaと不動産テック協会が共同で整備を行い、2021年4月15日にベータ版を公開。大手不動産会社や不動産テック企業、放送局、公的機関など100社を超える参加企業からのフィードバックを踏まえ、このたび10月29日より正式版の提供を開始しました。

不動産共通IDのAPIは基本無料で提供し、APIへ住所と物件名を送ることで、不動産共通IDに加えて正規化された住所と建物名の一部を取得できます。また、提供予定の有料APIでは無料APIの情報に加えて、さらに緯度・経度を取得できます。有料APIの利用料は月額5万円(税込)で、不動産テック協会の会員は月額1万円(税込)を予定しています。

不動産共通IDの仕組み

※不動産共通IDは、原則、無料での提供となります
※緯度・経度を応答する有料APIは、今後、提供予定となります

GDPにして61兆円の規模を持ち、膨大なビッグデータを保有する不動産産業において、不動産の基盤データを構築することで業界全体における情報連携を推し進め、データ活用の幅を広げてまいります。

料金プラン

無料プラン

エンドポイント名 入力 出力
不動産共通ID API 住所文字列
建物名文字列(任意)
不動産共通ID
正規化済み住所
正規化済み建物名(一部)
不動産共通ID参照API 不動産共通ID 不動産共通ID(統合確認)

※不動産共通ID、正規化済み住所、正規化済み建物名の取得は無料で利用できます
※「参照API」では、IDの修正や統合があった結果、IDが新しくなっている場合に正しい不動産共通IDを返します。

有料プラン

エンドポイント名 入力 出力
不動産共通ID API 住所文字列
建物名文字列(任意)
不動産共通ID
正規化済み住所
正規化済み建物名(一部)
緯度・経度
不動産共通ID参照API 不動産共通ID 不動産共通ID(統合確認)
正規化済み住所
緯度・経度

※有料プランは、レスポンスに緯度経度を含みます
※緯度経度情報はデータベースなどに保存をすることはできません。ただし、30日まではキャッシュ(一時保存)が可能です
※有料プランについては、今後、提供の準備を進めて参ります。

有料プランの料金

不動産テック協会会員 月額1万円(税込)
不動産テック協会非会員 月額5万円(税込)

国土交通省との連携について

不動産をIDで管理する試みについては、国土交通省が「不動産IDルール検討会」を開催し、ルール整備を進めています。

不動産市場整備:不動産IDルール検討会 - 国土交通省
https://www.mlit.go.jp/tochi_fudousan_kensetsugyo/tochi_fudousan_kensetsugyo_tk5_000001_00006.html

この検討会には第1回から不動産テック協会の理事が参加するなど全面的に協力しており、国主導の「不動産ID」が整備された後は、ID乱立によってユーザーが混乱する事態を避けるために、不動産共通IDとの連携を図るプログラムを提供するなどの取り組みを行っていきます。

不動産共通IDの詳細および国土交通省との連携については不動産テック協会のWebサイトをご覧ください。

不動産テック協会とGeolonia、不動産共通IDおよび住所正規化サービス正式版の無料提供を開始
~利用登録は100社を突破。国の不動産ID戦略とも歩調を合わせていく方針~
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000038545.html

不動産テック協会について
名称: 一般社団法人不動産テック協会
代表理事: 赤木 正幸、同代表理事: 巻口 成憲
事業内容: 不動産とテクノロジーの融合を促進し、不動産に係る事業並びに不動産業の健全な発展を図り、国民経済と国民生活の向上並びに公共の福祉の増進に寄与するための活動
URL: https://retechjapan.org/

Geoloniaについて
名称: 株式会社 Geolonia
代表取締役社長: 宮内 隆行
事業内容 : ウェブ地図提供事業、位置情報開発支援事業、ロケーションプラットフォーム
URL: https://geolonia.com/


本件に関する問い合わせ先
株式会社Geolonia 広報担当: 甲斐
mail: info@geolonia.com